昭和18年のすいとん(6年生)

6年生は、戦時中の食事を作ってみました。大根と白菜、醤油少しの質素な“すいとん”です。一度みんなでそれを味わってから、現代風にアレンジしました。顆粒出汁と醤油を加え、溶き卵を入れて完成。「やっぱりこっちがおいしい!」と子どもたち。すいとん2種を食べ比べ、戦時中の生活に思いをはせる体験型の授業でした。
ブログDSC_0599ブログDSC_0597ブログDSC_0604ブログDSC_0609

広告